ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

花ざかりの君たちへ 第8話 あらすじ


ドラマ 花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス 8話あらすじ

いそがしい方は、文章であらすじをお楽しみください。
動画で見たい方は、各あらすじ記事ページ内のどこかに
各話の動画リンクがどこかに貼ってありますので、
クリックして探してみてください。前半後半に分かれてます。


一度はアメリカに帰ることを決意した芦屋瑞稀(堀北真希)だったが、佐野泉(小栗旬)、中津秀一(生田斗真)の説得で思いとどまることを決意。瑞稀は、改めてふたりの友情に感謝する。
 そして、学園はいよいよ新学期を迎え、いつもの賑わいを取り戻す。そんな折、校医・梅田北斗(上川隆也)は、カメラマン・原秋葉(紺野まひる)から生徒たちを集めるように言われる。早速、集まった生徒たちを前に秋葉は、雑誌『an・an』でイケメン特集が組まれることになり、桜咲学園の生徒をモデルにした写真を自分が撮影すると説明。秋葉が選んだ4人だけが、雑誌に載ることになるといい、瑞稀、佐野、中津、難波南(水嶋ヒロ)の名前が発表される。
 瑞稀は、友達たちと学園生活を送れるのが嬉しくてはしゃいでいた。中津に肩を組ませたり、腹を出して寝ていたりと、態度もついつい無防備に。瑞稀が女だと知る佐野は、そんな瑞稀が気が気ではない。少しずつ瑞稀を意識し始めていたからだ。
 『an・an』の撮影当日。本格的なスタジオでの撮影にテンションが上がる瑞稀と中津は、衣装選びにも大はしゃぎ。中津はフリフリのドレスを瑞稀に勧め、瑞稀もまんざらではない様子を見せる。そんなふたりを佐野が一喝し…。
 その頃、学園では、校長の意向で個人面談を行うと発表されるが、何のための面談か理由が明かされないため、萱島大樹(山本裕典)、関目京悟(岡田将生)、中央千里(木村了)ら生徒たちは、いぶかしがる。噂を聞きつけたオスカー・M・姫島(姜暢雄)と第三寮の生徒たちは、校長室の前で様子を探ることに。中では、教頭・猿渡(宇梶剛士)が校長と電話で話す声が聞こえるが、総合すると、どうやら学園が経営難で、落ちこぼれの生徒を退学させようとしているらしい。それを聞いた生徒たちは、それぞれの方法で対策を考え始める。天王寺恵(石垣佑磨)率いる第一寮は面談に備えて模擬面談を始め、第三寮はなぜかダンスのレッスンに精を出し、第二寮は経営難を救うため、“イケメン募金”を始める。
 撮影を終えた瑞稀と中津は、“学園が廃校になるらしい”との噂を聞き、早速、募金集めに加わる。しかし、佐野はいつもどおりの様子で高跳びの練習を続ける。そんなクールな佐野が面白くない中津は、部活帰りの佐野を直撃し、佐野が高跳びをやっていられるのは、瑞稀が佐野の分も動いているからだと説明。周りの支えがあってこそ佐野が佐野らしく振舞えるんだ、ひとりで生きていると勘違いするなと訴える。思うところがある佐野は、答えられない。


 後日、瑞稀が食堂にやってくると、嵯峨和真(溝端淳平)らが『an・an』を見ながら、かっこよく写っている瑞稀たちをうらやましがっていた。廃校ムードが濃厚になるなか、「いい思い出が作れたね」という萱島の言葉に、瑞稀はあるアイデアがひらめく。関目にみんなを集めるように言うと、全力疾走でどこかへ向かう。と、秋葉を連れて戻ってくる。なんと、みんなで写真を撮ろうというのだ。廃校になるかもしれないときだからこそ、自分がここにいた証として写真が撮りたいと力説する瑞稀に、生徒たちも納得。ところが、そこに佐野がいないことが発覚。みんなあきらめムードのなか、瑞稀は「絶対来るから」と言い残し佐野を連れに部屋へ戻る。
 部屋で本を読んでいた佐野に写真撮影のことを告げるが、やはり、佐野は自分はいいと腰をあげない。瑞稀は、佐野の腕を掴んで無理やり立たせると、両手で頬をつまむ。突然のことに驚く佐野に「佐野がホントはスゲエ友だち思いなの、知ってるよ」と言い、今度はそれを形にしていこうと優しく語りかける。そして、佐野を連れて、生徒たちが待つ食堂へ。
 ちょっと照れくさそうにする佐野が加わり、いよいよ写真撮影大会が始まる。秋葉の指示のもと、とびきりの笑顔で写真に納まる生徒たち。その最高の表情に、見守る梅田の顔にも笑みがこぼれる。
 後日、校長室で教頭・猿渡が『an・an』を見ていると、梅田が現れ、秋葉が撮った生徒たちの写真を見せる。その楽しそうな笑顔に猿渡がうなずいていると、校長から電話が入る。猿渡は校長に、生徒たちはみなすごくいい顔をしているから、『この学校が好きですか』と聞く、個人面談は必要ないだろうと報告する。個人面談は、生徒たちが学生生活を楽しんでいるかどうかを確認したい校長が提案したもので、オスカーたちが聞いた、『ふるいにかけて』『厳選した』『悪いモノはすべて処分』というフレーズは、コーヒー豆についての話だったのだ。
 何はともあれ、廃校処分は免れたということで、瑞稀ら生徒たちは大盛り上がり。そんななか、中津は佐野の席に近づくと「我慢できないから」と言い、「俺は瑞稀のことが好きだ」と宣言。そして、真っ直ぐに佐野を指差すと、「そして、絶対負けねえ」と宣戦布告する。予感がしていたとはいえ、突然の告白に佐野は……。

中津(生田斗真くん)が告白しちゃったΣ('д'ノ)ノ
さらに、面白くなってきた花ざかりの君たちへ、来週も見逃せません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。