ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

花ざかりの君たちへ 第7話 あらすじ


花ざかりの君たちへ 第7話 あらすじ

いそがしい方は、文章であらすじをお楽しみください。
動画で見たい方は、各あらすじ記事ページ内のどこかに
各話の動画リンクがどこかに貼ってありますので、
クリックして探してみてください。前半後半に分かれてます。


 芦屋瑞稀(堀北真希)は、佐野泉(小栗旬)のことが好きだと自覚して以来、動揺を隠せない。一方、グラウンドで瑞稀を抱きしめていた佐野を目撃した中津秀一(生田斗真)は、そのことを佐野に打ち明けるが、佐野は何食わぬ顔で中津を抱きしめて、それと同じ単なるハグだと説明。中津は、あっさり納得する。
 その頃、学生寮の食堂では、『遅れてきた七夕伝説』という新たなイベントが催されることが発表される。今回は寮対抗ではなく、「彼女がいる生徒」と「彼女がいない生徒」が、競うものだという。実は、天王寺恵(石垣佑磨)に彼女がいることが気に入らない難波南(水嶋ヒロ)とオスカー・M・姫島(姜暢雄)が発案したもので、天王寺はもちろん、彼女がいる寮生たちを破局させようという企みなのだ。生徒たちは、早速、作られた「彼女いるorいないセンサー」で、彼女の有無を調べられる。息巻く難波らの横で、萱島大樹(山本裕典)は平静だが、中央千里(木村了)はノリノリで取り調べをする。
 すると、そこへ関目京悟(岡田将生)が飛び込んで来て、佐野が練習中に倒れたと言う。部屋に担ぎ込まれた佐野は、校医・梅田北斗(上川隆也)の診察を受けていた。熱にうなされる佐野を、心配そうに見る瑞稀。そんな瑞稀を中津が見つめて…。
 ちょうどその頃、中津は聖ブロッサム学園の今池こまり(黒瀬真奈美)に告白される。瑞稀への思いを断ち切りたい中津は、こまりと付き合うことにするが、内心では瑞稀への思いは増すばかりで…。
 翌日、桃郷学院の神楽坂真言(城田優)が、佐野の見舞いにやってくる。瑞稀の案内で部屋にやってきた神楽坂だが、瑞稀が席を外している間に、あろうことか佐野に唇を奪われてしまう。実は、佐野は卵酒を飲まされていて“キス魔”となっていたのだ。部屋に戻った瑞稀は慌てて神楽坂を救出するが、その際、引っ張られて佐野のベッドに倒れ込む。瑞稀は焦るが、佐野は何もなかったように寝入ってしまう。佐野に添い寝する形になった瑞稀は、ドキドキしながらも、佐野の顔を見つめる…と、そのうち、瑞稀も寝てしまう。そんなところへ、中津が入ってくる。ひとつのベッドに寝ているふたりを見て、衝撃を受ける。
 翌日、瑞稀が保健室を訪ねると、原秋葉(紺野まひる)が自分が撮った佐野の写真を梅田に見せていた。ところが、瑞稀が入ってくると、そそくさと出て行ってしまう。その後、梅田とふたりになった瑞稀は、佐野が高跳びに復帰したことが嬉しい反面、目的を果たした以上、桜咲学園に残る理由はなくなったと打ち明ける。
 瑞稀が、部屋に戻ると佐野がいなくなっていた。不安になった瑞稀は学園中を探し回るが見つからない。すると、中津から、佐野がグラウンドで倒れていたと連絡が入る。体調不良をおしてまで練習していた佐野に、瑞稀はまたしても責任を感じてしまう。そして、ついに、学園を辞めてアメリカに帰ることを決意する。早速、中津にその決心を伝えるが、中津は佐野が跳んだことが瑞稀が学園を辞める理由にはならないと、それを突っぱねる。そんなふたりのやりとりを、陰から佐野が見つめ…。
 その頃、彼女がいる生徒たちは、カップルごとに『遅れてきた七夕伝説』のイベントに参加するが、難波やオスカーの策略にはまり、次々と破局の危機を迎えてしまう。そんな中、中津とこまりは、最終ポイントの屋上まで行くが、屋上へ着いたとたん、中津の様子がおかしくなる。無言になり目が据わる中津。なんと、屋上をさまよっている女の霊が取り憑いてしまったらしいのだ。萱島が現れ、霊を取り払うことができたが、好きな人に会えずにもがき苦しんでいたという女の霊の気持ちを知った中津は、自分にもいなくなったらへこむヤツがいると、こまりに打ち明ける。
 一方、瑞稀は、アメリカへ帰るための支度を終えると、寝ている佐野を残して部屋を出て行く。中津が部屋に駆け込んだときには、すでに瑞稀の姿はなかった。起きていた佐野に尋ねると、瑞稀はアメリカに帰ったと言う。平然と言う佐野に、なぜ、引き止めなかったのかと激怒する中津。佐野は、瑞稀が決めたことに自分が口を挟む資格はないと言うが、中津は納得しない。そして、瑞稀を追い、部屋を飛び出していく。
 その頃、瑞稀は、路上で止めたタクシーに乗り込むところだった。なんとか間に合った中津は、自分には瑞稀が必要なんだと引き止める。そして、佐野は跳んでしまったかもしれないけど…と言いかけたとき、後ろから「跳んでねえよ」と声がする。中津が振り返ると、そこには、佐野が立っていた。ちゃんとした舞台で、瑞稀の前でまだ跳んでいないと言う佐野。「だから、行くなよ」と、自分を真っ直ぐに見つめて言う佐野に、瑞稀は…。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。